薔薇染めランジェリー開発レポート vol.3

こんにちは。ハーバル染め師shihoです。


先月から取り掛かっている薔薇染めランジェリー開発。

開発のファーストステップである生地選びで止まっています(;'∀')


何種類も生地を買って染めてみるものの、まだ自分からGOサインが出ない状況です。


それだけ難しいともいえるし、私の理想が高いともいえるみたいです。


そこそこの需要も見込めているし、早く商品化したい気持ちは山々なのですが。。。


頭には理想の発色、厚みのイメージがあります。


それをとにかく、正確に形にしたい。その一心です。



譲れないポイントとしては、


◆1. 花の色素が綺麗にぼやけて幻想的な発色になる生地がいい。


◆2. 程よく厚みがあってシルクらしく美しい光沢のある生地がいい。

手にしたときに薄いペラペラの生地はいや。

どちらか一方を満たすことは簡単なんです。


◆2の通り厚い生地を選ぶと、くっきり濃く色が乗ってしまい可愛くない発色になりがち。

◆1を叶えることが難しくなってしまうんです。。

ふわっとした美しい発色は譲れない・・・(>_<)


1と2両方を満たせる絶妙な生地を探している最中です。


色んなシルクを触りすぎて、詳しい知識はなくともグレードがはっきり分かってきました。


原価やその先のことを考えるとすぐ迷走してしまうので、

頭にあるイメージを形にすることだけを第一に進みます。


よそ見をしている場合ではない。


あと、ずっと薔薇染めと言っていましたが、

薔薇だけでなくそのほかの可愛い食用グレードの花も使ってみようと思っています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


本当はここに載せてしまうと妥協したときにバレるので書きたくないのですが、

逃げないために敢えて書いてみました。


きっといい商品ができるはず。


ランジェリー開発レポート、過去記事はこちらです。

植物の魔法店 〔 zomecco 〕

花びらが刻印のごとく布に刻まれる染色技術を『ハーバル染め』と名付け活動しています。 植物を通して癒しの物語を紡ぎます。 植物の魔法はいつもそばに。

0コメント

  • 1000 / 1000