好きなことを仕事にする=忘れていた昔の夢を叶えること

いつの頃か抱いた夢。

忘れかけていた夢。

zomeccoを立ち上げてから、いつの間にか叶っていました。


最近は商品紹介文をインスピレーションのままに書く日々です。

これ、ずっと憧れていた仕事内容でした。


化粧品メーカーで働いていたとき

転職したいとまで憧れたブランドはLUSH(ラッシュ)。


商品のネーミングの世界観が大好きでした。

「ご褒美の週末」

「乙女の戦士」

「鏡よ鏡」

などなど。

たまらん(*´з`)


おもちゃ箱を開けたように

自由でポップでenjoyfulな世界観。


今、誰に意見されるわけでもなく

自由に商品紹介ができています。

楽しくて仕方ない。


「butterfly gold」や

「flower's cosmos」なんて名前をストールに付けていますが

今までの人生でこれを口に出したことない。

でも見た瞬間、不思議と溢れ出てくるんです。


私にとって商品紹介は全く苦痛はなく

ただただ快楽な仕事です。


そんな日々の中で、ふと

私は昔からこんな働き方を夢見ていたことを

想い出しました。


好きなことを仕事にするって、

忘れていた昔の夢を叶えることなんだなぁと体感する日々です。

植物の魔法店 〔 zomecco 〕

花びらが刻印のごとく布に刻まれる染色技術を『ハーバル染め』と名付け活動しています。 植物を通して癒しの物語を紡ぎます。 植物の魔法はいつもそばに。

0コメント

  • 1000 / 1000