数量限定〘Taboo & Eden〙誕生

あなたの魔力を解き放つショーツ


harukoiに続き、ハーバル染めショーツ新作が誕生しました。

それは楽園へと誘う2つのAccess keyです🗝

key1. Taboo 〜源〜

むせる程の香り漂う、毒々しい華やかさを放つ一枚。

鮮血すら想起するその姿は、

女で、雌で、艶やかで

腹黒くて、欲深くて、生々しい。


見たいけど見たくない。

それは、あなたの底に鎮座する源です。


Tabooの言霊に相応しい

血沸き立つ鮮やかな品格です。

keyⅡ. Eden 〜楽園〜

人類の起源が過ごした

花々が神々しく咲き乱れ舞う世界です。


容易に足を踏み入れることのできない

結界が放たれた気高き姿。


嘘など簡単に見破られてしまう

「光の世界」。


歓喜の軽やかな音色が鳴り響く。

そこは女神の風が吹き抜ける果てしない楽園です。

禁断の果実を食べるお誘い

Edenといえば有名なのは

アダムとイブが知識の実を食べて追放されたという話。


タブーを破った結果、

男には労働の苦しみが、女には出産の苦しみが与えられたという。


タブーを犯せば制裁が与えられるという恐怖心は

多くの方が持っている共通認識ではないでしょうか。


タブーを犯して楽園を追放された人類の起源。

さて。

本当に、二度と楽園に戻ることなんてできないのかな?

と私は考えました。


実は、Edenに舞い戻るアクセスキーは

追放の根源だった「タブー」をもう一度犯すことだったりして。

そう考えると堪らなくワクワクした。


身体に深く刻まれたタブー意識を破り乗り越えることで

再び楽園に舞い戻ることができるのだとしたら・・・。


Taboo & Edenは

こんな物語のインスピレーションから生まれました。

Secret Recipe

TabooとEden。

レシピの違いは、禁断の果実の有り無しだけ。

Tabooには禁断の果実を忍ばせて染めました。


製作当初からそう決めていたわけではなく、

試作を繰り返した結果そうなっていました。


楽園とタブー。

一見全く異なるものというイメージですが、

きっと、タブーは楽園の最下層にある根っこのようなもの。


タブーがあるからこそ楽園が存在する。

だからどうか、タブー意識を疎まないで。


あなたにTabooを照らす勇気を。

最愛の自分に楽園を創る誓いを。


両者を繋ぐ、見えざる扉。

今回のショーツはその扉を開くシークレットキーです。


 

♧ Recipe ♧

<all natural>


◇ブラックベリー(Tabooのみ使用)

◇蘇芳

◇バタフライピー

◇コチニール


これらの染料を生地の上に並べ、じっくりスチームして命を刻みました。

一枚ずつじっくり時間をかけて手染めています。

Detail

〘本体〙

ハーバル染めが最も美しく映えるシルク生地でお仕立てします。

手触りや光沢全てに惚れ込んだ一枚を贅沢に2枚重ねにしました。

どの面を切り取っても眩しい光沢を放ちます。

鼠蹊部、腰回りはゴム無しの締め付けない型です。

大切な身体を優しく包みます。


紐と本体は縫い付けておりますので、ふんどしのように前側生地が寄ることなく美しいフォルムを保ちます。


流行に流されることなく、100年経っても廃れない正統なデザインを追求しました。

ショーツの両面にハーバル染め生地をあしらいました。

直接肌に触れる面からも植物の力を存分に感じられますよう願いを込めています。

〘紐〙

体にジャストフィットするよう、両脇結べる仕様にしました。

素材は伸縮性のあるコットンニット生地です。

ゴムショーツのように脱ぎ履きできる使い心地を追求しました。

実は、ショーツ開発で最も苦労したのが紐でした。


・伸縮性があり脱ぎ履きしやすいこと。

・ほどけにくく、ほどきやすいこと。(着用時にほどける心配はなく、ほどく際は簡単。)

・長さ調整できること。

・肌触りがいいこと。


この条件を満たす生地を探し求め何十枚とチェックしましたが、

なかなか理想のものに出会えず予定よりも発売が遅れてしまいました。

ストレスのない紐を求め、妥協なく徹底的にこだわりました。

〘価格〙

18,200円(税込・送料無料)

「永遠に(トワに。182)、私で在れ」というメッセージを込めています。

ショーツに忍ばせた最大のタブー

ハーバル染めショーツの最大のタブー。

それは「アートを消耗する」という

稀有な体験をお届けすることです。


飾って楽しむアート級の生地から、ショーツをお仕立てしています。

時間と手をかけ尽くして生まれた、ハーバル染めのシルクショーツ。


下着という消耗品のため、

アートのように長く楽しむことはできません。

消耗品に果たしてどれだけの価値を見出せるでしょうか。


私はショーツを日々纏っていますが、

自分にはそれだけの価値があるんだ

というメッセージが真っ直ぐ伝わってきます。


肚から自己肯定感が突き抜ける

そんな珠玉の一枚です。



ショーツは皮膚に一番近い纏いもの。

ここを妥協なく選ぶことは、

自分という存在に最大限の敬意を示す一歩なのだと思います。


ご自身の価値意識に目覚めのゴングが鳴り響く

そんな魔力を忍ばせました。

どうかくれぐれもお気をつけて。

Tabooを照らせ

このショーツの製作を決めてから、

Tabooの言霊に揺り動かされ

ブログで私自身のTabooと対峙してきました。


題して「Tabooを照らせ。」

ご興味のある方はこちらからご覧ください。

こちら

お取り扱いについて

・ハーバル染め作品は大量生産される化学染料製品と異なり、本革製品のように生きているからこそ繊細で、呼吸するようにゆっくり変化していきます。その点をご理解いただけますと幸いです。


・お手入れ方法

シルクはとても繊細です。オリモノなど通常の汚れは水で手洗いしていただくと落ちます。

洗剤を使う場合は中性のものをお使いください。日光に弱いため部屋での陰干しをお勧め致します。

時々アイロン掛けいただくと美しい姿が長持ちします。


・ハーバル染めはphの変化に弱いです。

アルカリ性、酸性ともに触れると色味が変わる可能性がある旨、ご理解ください。

また、シルクは特にアルカリ性に弱い素材です。漬け込むと劣化しやすいため注意が必要です。

血液がついた場合は、アルカリ性スプレーで吹きかけ(セスキ炭酸ソーダ等)、それでも取れない場合は生地の様子を見ながらの漬け置きを推奨致します。

ただしハーバル染めで染めた部分の吹きかけや漬け置きは、

色が落ちたり明らかな変色が起きることも考えられますのでご遠慮ください。


◆ご注意事項

製品の特性上、商品不備以外の返品はご遠慮いただいております。

ご入金後のキャンセルはいかなる場合でもご返金致しませんので、予めご了承ください。


また、柄に個体差があります。自然の風合いをお楽しみいただけますと幸いです。

〘Special Thanks〙

◆伊藤祥子様 <ガーゼのルームウェアのお店「Amoria」店主様>

ゼロからパターンを考えてくださり、様々なご提案をしてくださった祥子さんには感謝でいっぱいです。

祥子さんからのメッセージをご紹介いたします。


「志穂さんの産み出すハーバル染めの世界は美しく、シルクも良質なものを使っているので、この良さを最も生かせる形を工夫し、一枚一枚丁寧にお作りしています。

縦横を糸一本単位まで細かく見ながらカット、縫製しているため、形も崩れにくいです。

出来上がり時に内からの輝きを放っているかを重視し、仕上げています。」


祥子さんが生み出す作品はため息が出るほど丁寧で、美しい芸術作品です。

祥子さんの美しい縫製と、ハーバル染めのコラボレーションをお楽しみください!

最後に

やっとやっと、心のGOサインが出ました。

TabooとEdenの世界を表現しようと決めてから日常に彩が灯され、
とてもエキサイティングな日々でした。

焦りや義務感のエネルギーを排除したモノづくりは
子ども心に還ったかのようでした。

私自身がTabooとEdenの世界に魅せられ
勇気づけられて今日まで来ました。

分身のような、パートナーのような
言葉にし難い不思議な作品たち。

どれも実に愛しく、頼もしい子です。

どちらも再販予定のない
数量限定作品となります。

どんな方とご縁が結ばれるのか
楽しみにしています。

Instagram